雇い止めとは?


1 雇い止めとは

期間を定めた労働契約の期間満了に際し,使用者が契約の更新を拒絶することです。

2 雇い止めにも解雇に関する法理が類推適用される場合がありますか?

客観的に一時的・季節的な仕事であって,主観的にも労使ともに認識して労働契約に期間を定めた場合は,期間が満了すれば,契約は当然に終了します。それゆえ,このような場合は雇い止めが問題になりません。
これに対し,客観的に一時的・季節的な仕事ではなく,更新が繰り返されてきたような場合は,解雇に関する法理が類推適用されることがあります。このように,類推適用される場合は,通常の解雇の場合と同様に解雇権濫用法理(労働契約法16条)などの規制を受け,雇い止めが有効か否かが決められます。
具体的には,(1)有期契約が実質において期間の定めのない契約と異ならない状態で存続する場合や,(2)有期契約の更新に対する合理的な期待がある場合に,類推適用されると言われています。そして,(1),(2)のように類推適用されるか否かは,①仕事の内容が臨時的・補助的か,基幹的か,②更新の回数,③雇用の通算期間,④更新手続が形式的であったりずさんであるなど契約期間管理の状況,⑤雇用継続の期待を持たせる言動や制度の有無,⑥労働者の継続雇用に対する期待などを総合考慮して決められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>