京阪神急行事件


京阪神急行事件

大学卒と詐って入社し、正しい履歴書の提出を要求した人事課長に暴行脅迫したことを理由に懲戒処分として諭旨解雇された労働者が地位保全の仮処分を申請したところ棄却され、抗告申立をした事例。(抗告棄却)

大阪高等裁判所決定

1959年1月31日

右事実によると、抗告人の前示履歴詐称は就業規則九八条二号イの「事情が悪質の場合」にあたらないけれども、重要な履歴を詐って入社したものであって、その後A人事課長から正しい履歴書を提出することを要求されたにかかわらずこれに応ぜず人事課長の席でAに対し暴行脅迫に及んだものであるから、抗告人の暴行脅迫は就業規則九八条一〇号イ但書にいわゆる事情の重い場合にあたるものといわなければならない。
 そうすると、本件解雇の事由として相手方の主張する事実の内、履歴詐称の点は諭旨解雇としての解雇事由とすることはできないけれども、暴行脅迫による服務規律違反の点は諭旨解雇としての解雇事由となり得るものであるから、本件解雇は相当であり、解雇の手続にも違法の点はない。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>