東京出版販売事件


東京出版販売事件

A会社に雇われレッドパージにより依願退職した事実を秘匿し、別会社に就職していたとの詐りの経歴を履歴書に記載していたとして懲戒解雇された労働者が解雇の効力停止の仮処分を申請した事例。(申請却下)

東京地方裁判所決定

1955年7月19日

労働民例集6巻5号577頁/時報57号23頁/労経速報184号4頁

経歴詐称が懲戒事由となる所以は右申請人X主張の如き趣旨からばかりではなく、その経歴を秘匿したという所為の不信義性に基くのである。即ち、使用者からその従業員としての採否を決定するためその全人格的価値判断の資料の提出を求められている場合その資料の一つである前歴を秘匿してその価値判断を誤らしめたという不信義性が懲戒事由とされるのである。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>