月別アーカイブ: 2014年6月

日本海重工業事件

日本海重工業事件 富山地裁判決 1954年5月15日 労働民例集5巻3号215頁/時報31号18頁/労経速報142号5頁 会社整理の目的が会社が支払不能又は債務超過に陥る虞がある場合に於て、企業を維持せしめて、会社、会社 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

日本車輌製造事件

日本車輌製造事件 名古屋高裁判決 1951年3月17日 労働民例集2巻1号55頁 憲法第二十五条は国が国民一般に健康で文化的な最低生活を営ましめる責務を有することを規定したものであって、個々の企業者に対してその義務を課し … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

科研化学事件

科研化学事件 東京地裁決定 1955年10月15日 労働民例集6巻6号1037頁/時報68号22頁/労経速報192号2頁 〔解雇―整理解雇―整理解雇の要件〕  従業員の責に帰すべからざる事由によって会社が経営困難に陥った … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

北越製紙事件

北越製紙事件 新潟地裁判決 1969年10月7日 労働民例集20巻5号1257頁 〔賃金―賃金請求権の発生―バックペイと中間収入の控除〕  右に認定した原告X1外四名の収入は、民法五三六条二項但書にいわゆる「自己の債務を … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

クロイドン事件

クロイドン事件 福島地裁判決 1975年9月17日 〔賃金―賃金請求権の発生―無効な解雇と賃金請求権〕  労働者が労務提供する際には特段の定めのない限り通常の労働能力を有すればよいと解されるところ(民法四〇一条一項類推) … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

東洋酸素事件

東洋酸素事件 東京地裁判決 1976年4月19日 〔賃金―賃金の範囲〕  債権者らは、それぞれ債務者に対し、右各地位にある期間またはその地位にあった期間その地位に基づいて生じる賃金、一時金その他の労働の対償としての金員の … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

平野金属事件

平野金属事件 大阪地裁決定 1976年7月20日 労働判例261号50頁 いわゆる整理解雇は、労働者の責めに帰すことのできない事由によって、一方的に労働者の継続的雇用への期待を断ち切り、生活の基盤を破壊するものであるから … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

広島硝子工業事件

広島硝子工業事件 広島地裁決定 1976年7月26日 坂本重雄・昭和51年度重要判例解説〔ジュリスト642号〕208頁 解雇は労働者の生活の根拠を剥奪するものであって殊に本件のごとき不況下における整理解雇は、労働者側に責 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ヴァリグ日本支社事件

ヴァリグ日本支社事件 東京地方裁判所判決 平成13年12月19日 労働判例817号5頁 (1) 事件の概要 本件は,ブラジルの航空会社である被告Yの日本支社の貨物部長であった原告X1と予約部次長X2が就業規則所定の「止む … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

わかしお銀行事件

わかしお銀行事件 東京地方裁判所判決 平成12年10月16日 労働判例798号9頁 (1) 事件の概要と判断 本件は,銀行の本店営業部主任調査役だった原告が,支店の副支店長時代に,取引先の不動産会社から個人的に350万円 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ